今日,執筆中の“データベーススペシャリスト教科書”のためにデータベースの基礎理論について分析していました。
それで気づいたのですが,平成24年午後1問1設問3の関係代数演算は,その前には平成17年に出題されています。そして,平成23年午後1問1設問3の第4正規形は,その前には平成16年に出題されています。
ということは,午後1問1の問題には,周期性があるかもしれないな,と感じました。

この順番的には,平成25年は平成18年が該当することになりますので,題材としてはオブジェクト指向モデルになります。
オブジェクト指向とかUML表記とか,少し押さえておくと良さそうです。
平成18年午後1の問題を解いておくのもありです。

あんまり信憑性はないので,話半分に聞いてください。^^;
ただ,近年のDB問題は,オブジェクト指向的な話が出てきていないので,そろそろまた出てきてもおかしくないかな,とは感じています。

あとは,データベーススペシャリストの予想としては,平成17年からは,奇数年の午後2問2は,設問が1つだけで,ひたすら概念データモデル設計をやる問題が出ています。
今年は平成25年で奇数年なので,午後2問2は,概念データモデルだけの問題が出てくる可能性は高いです。

それ以外だと,平成24年のデータベーススペシャリスト午前2で,過去問から再出題されている問題が多い年度順に並べると,平成20年,22年,21年になります。
これ以前の問題だと,再々度の出題があるのでややこしいのですが,平成21~23年度の午前2の過去問をしっかりやっておくと,午前2は確実にできそうです。

なんとなく予想してみましたが,自分なりに予想を立ててみると,勉強の励みにもなります。
また,予想できるにはある程度勉強しておく必要がありますので,この予想にツッコミができるようなら,確実に合格レベルです。^^

他の試験区分も気が向いたらやりますが,あまり信頼せず,「こんなのがあるかも」程度に使ってみてください。