以前,「おすすめ参考書 ~応用情報技術者編」でも紹介していた,「応用情報技術者午後問題の重点対策 2013」が,Amazonでも品切れですし,他でも結構,品薄で,書店の在庫が切れているところもよくあるようです。

この本は,午後対策に特化した本で,テクノロジ系を中心に午後を受ける方なら,おすすめの本です。
特に,アルゴリズムやデータベースを選択しようとしている方なら,最適です。

こういった本は,早めに入手しておくに限ります。
特に,応用情報技術者試験対策本は,年1回の発売のものが多く,秋試験前には売り切れることもあります。

情報処理技術者試験の本は,試験前になると,予定よりも売れている本から,品薄になっていきます。
いずれ欲しいと思っている本は,なくなる可能性もあるので今のうちに入手しておきましょう。

ちなみに,最初に紹介した応用情報技術者試験の午後問題の重点対策は,まだ,出版社の直販なら残っています。
通信販売のページに,「2013 応用情報技術者 午後問題の重点対策」として掲載されていますので,今ならこちらで購入できます。
3,000円以上ですので送料も無料ですし,普通に定価で入手できます。

こんな感じで,本を入手するときには,書店やAmazon以外にも,いろんな方法があります。

入手できる可能性が一番高いのは,出版社の直販ページです。
情報処理技術者試験の参考書を出している出版社だったら,だいたいその出版社専用の販売ページを持っています。
例えば,次のようなものがあります。

・「CLUB Impress
 インプレスジャパンの出版物(徹底攻略シリーズ,かんたん合格シリーズなど)が直接買えます。

・「SEshop
 翔泳社の出版物(情報処理教科書など)が直接買えます。

・「アイテックオンライン
 アイテックの出版物(重点対策,徹底解説本試験問題など)が直接買えます。
 本屋で買うより2週間ぐらい発売日が早い,という利点もあります。

・「オーム社
 書籍紹介ページでそのまま,直販での購入が可能です。

もちろん,参考書以外の専門書なども入手可能です。

情報処理技術者試験の本は,試験の申込時期ぐらいに買う人が多いので,今だとまだ品薄の本も手に入ります。
後で使おうと思っている本は,早めに買っておくのがおすすめではあります。

必要な本はしっかり揃えて,安心して勉強を続けていきましょう。