今日は立春,暦の上ではもう春ですね。
こちら熊野では道路も凍結気味で,今はまだ寒いですが,今日からは少しずつ,暖かくなってくることに期待します。

2017年情報セキュリティ10大脅威の順位発表

2017年になって,IPA情報セキュリティセンターより,「情報セキュリティ10大脅威 2017」の順位も発表されました。
新たに,IoT機器に関する脅威も10大脅威に入ってきましたし,2017年も,情報セキュリティが重要課題になってくることは間違いありません。

情報処理安全確保支援士について

ただ,今年からスタートする新国家資格「情報処理安全確保支援士」については,あまり盛り上がってはいないようですね。
私自身は,「情報処理安全確保支援士になるための手順」でも書いたように,登録手続きは済ませましたので,4月からは情報処理安全確保支援士を名乗れる予定です。

個人的には,情報処理安全確保支援士試験対策や情報セキュリティ関連の仕事が結構ありますし,必要だと思って申請しましたが,この資格が人におすすめできるかというと,かなり微妙な気がしています。
国家資格ですが,独占的なメリットは一つもありませんから,取れば安泰というお得なものではありません。
実際,企業研修でも試験対策講座に人が集まらず中止,ということも頻発していますし,人気もなさそうだな,とも感じています。

ということで,わく☆すたで例年開催している試験対策セミナーですが,今期はいろいろ迷った結果,開催を見合わせています。
特に,情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)試験につきましては,私自身が自信を持っておすすめできる確信が持てませんので,来期まで様子を見ます。

これからの時代に役立つ情報セキュリティとは?

その代わり,「今,本当に役に立つ情報セキュリティの学習は何だろう?」と考えました。
情報セキュリティと関連して学ぶことで,実際に利益になること,これからの時代を生きていく上で使えるスキルを身につけるという側面から多方面で検討してきました。

その結果,最新のテクノロジーである,「ビットコイン」を学ぶことが,今後に一番役立つのではと思い当たりました。
ビットコインは,その「お金」的な部分が取り上げられがちですが,実際の技術は,公開鍵暗号方式や認証技術など,様々な情報セキュリティ技術を組み合わせたものです。
ビットコインを知ることは,情報セキュリティを学ぶことにもつながりますし,もちろん実社会にもつながります。

『ビットコインで学ぶ情報セキュリティ技術』セミナー開催決定!

ということで今回は,『ビットコインで学ぶ情報セキュリティ技術』の1日集中セミナーを開催することを決めました。
開催日は,私の東京出張に合わせて,2/11(土)です。

残り1週間のギリギリの告知で申し訳ありませんが,タイミングの合う方は,ぜひいらしてください。
ネット上に演習環境を用意しての実習も行います。

また後日,DVDでも発売予定です。

さらに『人工知能のためのIT基礎理論』セミナーも開催

さらに,これからの時代に向けてのセミナーとしては,一番ホットな最新技術である,人工知能(AI)は欠かせません。
昨年の『人工知能概論』からバージョンアップして,今回はIT技術者に向け,基礎技術を学んで実践を行う『人工知能のためのIT基礎理論』1日集中セミナーも開催いたします。
こちらは1か月後,3/11(土)に開催予定ですので,合わせてご検討ください。

技術がどんどん進歩して,人間の環境はどんどん変わってきています。
「資格さえ取れば安泰」という時代は,もう終わりました。

「今必要なスキル」を身につけて,これからを楽しく,有意義に過ごしていきましょう。