株式会社わくわくスタディワールド

プロフェッショナルに触れて点火する

さっき,ニコニコ動画で「【初投稿】ぼくとわたしとニコニコ動画を夏感満載で歌ってみた【幸子】」を見て,見事なプロの犯行に感動しました。
いろんなことがあっても,他の人の歌を歌っても,やっぱり歌が本当にうまい人はうまいんだなぁ,と改めて聞き入っていました。

今日,企業が主催するあるセミナーに参加して,生でRubyの開発者であるまつもとゆきひろさんのお話を聞いてきました。
今後の未来を予測する話や,それだけでなくって実際にmRubyの開発など,その未来に向けて動いている話を聞けて,とっても刺激になりました。

こういう,本物のプロフェッショナルと言える人に触れると,なんか自分でもやる気が溢れてきますね。
全然至らない感じではありますが,私も何か,プロフェッショナルといえることをやっていきたいと強く感じました。

先日も紹介した「才能を伸ばすシンプルな本」に,

才能の出発点は,自分のアイデンティティを一流の人や団体と結びつけてモチベーションに火をつける短くて強烈な出会いだ。

という記述がありました。
これは,「点火」と呼ばれ,実際に才能を発揮している人に共通する特徴です。
実際に,憧れの人にわずかな接点をもつだけでもモチベーションがかなり上がることが,いろんな研究で実証されているそうです。

ということで,モチベーションに火をつける方法として,なりたい人を毎日じっと見つめて,そのイメージを鮮明に脳裏に焼きつけるという方法があります。
今は,YouTubeやニコニコ動画などもありますので,動画でなりたい人,憧れの人を見るというのもいいと思います。

憧れの人というのは,意外と人によって違ったりします。
自分が憧れるということはきっと,その方面の才能を持っている,ということともつながっているんだと思います。

憧れのプロフェッショナルに触れることで,モチベーションをアップさせて,実力を伸ばしていきましょう。