株式会社わくわくスタディワールド

わく☆すたブログ TOP

情報処理技術者試験の申込み開始

2021年(令和3年)秋期の情報処理技術者試験について,インターネット申込受付期間(予定)は,令和3年7月27日(火)~ 8月6日(金)18時までの10日間のみです。受験料も7,500円と値上がりしており,今までとはいろいろな面が異なっています。受験予定の方は,早めに申込を済ませましょう。私(瀬戸美月)は,申込は済ませましたが,少し残念なことがありました。

情報処理技術者試験の値上げと受付期間,試験日

2021年(令和3年)秋期の情報処理技術者試験について,受験料の値上げと申込受付期間が発表されました。筆記試験で実施される区分はすべて,今回から7,500円に値上げされます。また,令和3年度秋期試験インターネット申込受付期間(予定)は,令和3年7月27日(火)~ 8月6日(金)18時までの10日間のみとなっています。さらに,試験日は令和3年10月10日(日)です。昨年度からいろいろ変更されていますので,受験を予定されている方はご注意ください。

2021年(令和3年)現在の情報処理技術者試験

2020年(令和2年)の緊急事態宣言で春期試験が中止されて以降,情報処理技術者試験の状況が様変わりしました。試験内容自体はそれほど変更はないのですが,CBT方式の導入や春秋の実施時期の変更など,様々な点が変更されています。ここでは,2021年(令和3年)現在の状況をまとめておきます。

CBTになった情報セキュリティマネジメント試験

CBT(Computer Based Testing)方式の試験のうち,情報セキュリティマネジメント試験については,2020年(令和2年)度のCBT試験が,2020年(令和2年)12月に開催されました。2021年(令和3年)度上期の試験は2021年(令和3年)7月に開催される予定です。
本日6月1日より,申込みが開始されましたので,私も早速申し込みました。

CBTになった基本情報技術者試験

2020年(令和2年)秋期の情報処理技術者試験では,基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験が中止になりました。その代替として,CBT(Computer Based Testing)方式の試験が開始されました。

基本情報技術者試験については,2020年(令和2年)度のCBT試験が,2021年(令和3年)1月〜3月で開催されました。2021年(令和3年)度上期の試験は2021年(令和3年)5月〜6月で開催されています。

基本情報技術者試験のPython

令和2年度春期試験 受験申込みの最終締切は『本日18時』です
(2月10日現在)

もし情報処理技術者試験や情報処理安全確保支援士試験を受験しようと思っていて,申込みを忘れている方は急ぎましょう。
申し込まないと,合格することができません。

今回の基本情報技術者試験から,プログラミング言語の選択にPythonが加わります。

新しい内容に触れたい方は,今回は基本情報技術者試験の受験がおすすめです。
私も今回は,基本情報技術者試験で申し込みました。

2020年 あけましておめでとうございます

年が明け,2020年(令和2年)になりました。
とうとう新しい,2020年代の始まりですね。

皆様,あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1年の始まりは,新しいことを学ぼうとするのには最適です。
試験でも,スキルアップでも,「何かやろう」と考えて,少しでも進んでいくことが,次につながっていきます。

情報セキュリティマネジメント試験の午後問題の難易度補正

先日,基本情報技術者試験及び情報セキュリティマネジメント試験の合格発表が行われました。
その時,「令和元年度秋期 情報セキュリティマネジメント試験 午後問題の難易差補正について 」ということで,情報セキュリティマネジメント試験の午後問題の合格ラインが,通常の60点から46点に変更されたとのアナウンスがありました。

公開されている統計資料から計算してみると,60点で足切りを行うと,午後だけの突破率で26.98%となってしまい,例年の50%前後の合格率と比べると大幅に下がってしまうため,難易度補正が行われたのだと推察できます。

ただ,問題を見た限りでは,特に「難しい問題」という気はしませんでした。
難しいというよりは,「面倒」「長くて読み切れない」という問題という印象です。

シラバスが改訂されました

情報セキュリティマネジメント試験・高度試験・情報処理安全確保支援士試験における人材像・出題範囲・シラバス等の改訂について(新技術への対応、セキュリティ強化など)」にあるとおり,情報処理技術者試験の多くや情報処理安全確保支援士試験についての出題範囲やシラバスが改訂されました。

こちらの改訂は,基本的にすべての試験区分が対象です。
ただ,影響が大きそうな区分とそうでない区分はあります。

以下,試験区分別に大まかな状況を見ていきます。

試験,お疲れ様でした

昨日は令和最初の情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験でした。
受験された皆様,お疲れ様でした。

私は,今書いている書籍(Pythonプログラミング本)に役立てるため,基本情報技術者試験を受験してきました。
午後の言語選択は迷ったのですが,直前で「今回を逃したらもう受験チャンスはない」ということに気づいて,COBOLで受験してきました。

COBOLで受験してみて改めて,「言語選択によって,午後の難易度は結構変わるなぁ」ということに気づかされました。

今日は情報処理技術者試験・情報処理技術者試験の日です

このたびの令和元年台風第19号による被害に遭われた皆様,心よりお見舞い申し上げます。

今日は情報処理技術者試験・情報処理技術者試験の日です。
台風の影響により,試験の開催が変更されている試験会場があります。
詳細は,「令和元年度秋期試験の実施について(試験会場「東京都市大学 世田谷キャンパス」の変更、郡山試験地(2会場)、長野試験地(1会場)における試験開始時刻の変更、ほか)」をご覧ください。

試験が中止されている会場はありません。
受験申込みをされ,試験に行ける状況でしたら,可能な限り会場に向かうことをおすすめします。

わく☆すたは全員,いつものとおり和歌山試験会場で受験します。
私(美月)は,今執筆している本の関係で,基本情報技術者試験を受験予定です。
せっかく受験するので,今回は,SEプラス様の午前問題の解答速報 を 試験当日のお昼休み に掲載 | 令和元年 秋期試験にも関わらせていただきます。

それでは,皆様のご健闘をお祈りいたします。
一緒に頑張っていきましょう。

脳を最高の状態にして働き,そして学ぶ

最近,仕事や勉強が結構,はかどるようになりました。
昔はよくいっぱいいっぱいになって,仕事が限界を超えてしまうことがあったのですが,最近は比較的スムーズです。

一番意識しているのは,「自分の脳を最高の状態にして働かせる」ことです。
脳,特に前頭葉の使い方を意識しています。

今年の情報処理技術者試験で出そうな技術

試験問題を分析していると,「よく出る技術」と「あまり出ない技術」に偏りがあるのがわかります。
だから,「よく出る技術」だけ勉強しておけばいい,という単純な話では実はありません。

よく出る技術は,よく出るからこそ,単純に用語を聞かれるような問題は少なく,深く突っ込んだ問題が多く出てきます。同じ技術を視点を変えたり,計算問題で考えさせたり,いろいろな形で出題してきます。
そのため,一つの用語の対しての学習する内容が多くなってくるのです。

ちなみに,今回予想する,今年の情報処理技術者試験(秋期開催全区分)で一番出そうな技術は...

AWS認定試験とそのために必要となる基礎力

私(美月)の中で資格取得熱が再燃していて,ちょこちょこと新しい資格試験に挑戦しています。
ここのところ毎月受けているのがTOEICで,こちらは英語の勉強として地味に少しずつ点数を伸ばしています。900点ぐらい行ったら,勉強法も兼ねていろいろ紹介したいと考えています。
もう一つ,クラウド関連の資格,特にAWS(Amazon Web Service)認定試験とGCP(Google Cloud Platform)認定試験は,交互に順番に取っていってます。たまに落ちますし,数が多いのでコンプリートまでの道は遠いのですが,徐々に進めています。

受動的学習は満足するけど効果は低い

最近知って,「なるほど!」と目からウロコが落ちた論文があります。
Measuring actual learning versus feeling of learning in response to being actively engaged in the classroom」という論文です。

簡単に要約すると,次の2つのことが書いてあります。


  1. 能動的学習の方が効果が高く,テストの結果も良くなる

  2. 受動的学習の方が生徒の満足度が高く,勉強した気になる


これを見て,今までいろいろなところで教えてきた時に起こったことに納得がいきました。

情報処理安全確保支援士試験とは

今日の東京は,いろいろ交通が麻痺して大変ですね。
くれぐれもご無理なさらないよう,安全と健康第一でいきましょう。

私は情報処理安全確保支援士試験の企業研修のため東京にいるのですが,受講生が来られず,午後開始予定となってしまいました。
せっかくなので,情報処理安全確保支援士試験について,ここで少しまとめておきます。

平成最後の情報処理技術者試験

2019年4月21日,いよいよ平成最後の情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の日です。
試験センターのホームページによると,本日は特に何事もなく,予定通り開催のようです。

和歌山県では試験会場が1箇所しかなく遠いので,わく☆すたでは和歌山市内に前泊して試験に臨みます。
私(美月)は今回は,エンベデッドシステムスペシャリスト試験を受験予定です。

準備をしっかりされている方は,しっかりと実力を発揮していきましょう。
準備が不十分でも,あきらめずに試験会場に行くことで,道が開けていきます。

最近の教育学の研究によると,「試験を受けること」自体が実力アップにつながるそうです。
試験会場に行って問題を解くということ自体が,負荷のかかる実力アップの訓練になります。

資格試験を使って勉強する

春ですね。
わく☆すた事務所の前の桜がちょうど咲き誇っていて,きれいな青空と調和しています。
「サクラサク」という感じで,どんな試験でも合格になりそうな気配です。

試験合格といえば,明日(4月4日17:00)にはSchooさんでの生放送「IT資格まるわかりガイド -オンライン相談会-」に出演します。
基本的に法人向けで,時間が17:00からと厳しいのですが,生放送は無料なので,よろしければご覧ください。