株式会社わくわくスタディワールド

試験に合格するための超裏技(3) ~昼食やおやつで受かる~

試験に受かるための超裏技,第3弾です。

いつも研修中の問題演習で思うのですが,みなさん,午後一番は,とても眠そうに問題を解いています。
その状態だと,頭働かなくって,考えるのつらいんじゃないかなぁ,と見ていて感じます。

個人的には,昼食に糖質(炭水化物の一部,パンやごはんなども含む)を取るのを減らしてから,昼食後には特に眠くならないです。
頭が冴えているので,午後の始めから,フル回転で勉強や仕事ができます。

例えば,企業研修に行っているときの私の昼食は,こんな感じです。

lunch

肉や野菜たっぷりのコンソメスープを作りだめしておいて,スープジャーに入れて持ってきてます。
パンなどが欲しいときには,糖質の低いローソンのブランパンなどを食べてます。

こんな感じで腹八分目に食べておくと,胃の消化に労力がかからないので,脳への影響がありません。

基本的には,糖質をとらなければ眠くならないので,自分で糖質少なめのお弁当を作って持っていくのが,頭のためにはベストです。
面倒なら,コンビニでサラダやお総菜などを買って,主食抜きのランチにするという手もあります。

農作業などの肉体労働だと,糖質は結構大事で,食べないとエネルギー切れを起こします。
でも,頭を使う作業は,あまり糖質を使うことがないので,取り過ぎると悪影響が大きくなります。
試験問題を解くという作業は,体はあまり動かさないので,ある程度空腹の方がはかどるということもあります。

途中でおなかが空いてきたら,おやつを食べるのもおすすめです。

私の最近のお気に入りは,「カカオ85%以上のチョコレート」です。
例えば明治の「チョコレート効果」のシリーズがあります。結構,スーパーでは定番で置いてあると思います。

chocolate86

86%のものは,結構苦めではありますが,その分頭も冴えていい感じです。
この上に95%もありますが,個人的には苦すぎてつらいので,挫折しました。

高級でおいしいくって効果的,というのでは,このオーガニックなチョコレート,92%のものが最高でした。

chocolate92

ただ,高級ですし季節商品なので,なかなか手に入らないのが難点です。
手に入ったら,特別な日(試験日など)にはぜひおすすめしたい一品です。

その他,間食におすすめなものとしては,アーモンドなどのナッツ類があります。

almond

ちゃんと噛みくだいていく必要がありますし,刺激にもなります。
少量で満足しますので,手軽なおやつとしておすすめです。

こんな感じで,食べ物を工夫してみると,今までの苦労がウソのように,眠気が飛んで勉強がはかどるようになります。
もちろん,食事には個人差がありますので,ご自分に合ったものがベストですが,いろいろ試して,本番で頭が冴えるように工夫してみましょう。