株式会社わくわくスタディワールド

情報処理技術者試験の申込み開始

2021年(令和3年)秋期の情報処理技術者試験について,インターネット申込受付期間(予定)は,令和3年7月27日(火)~ 8月6日(金)18時までの10日間のみです。受験料も7,500円と値上がりしており,今までとはいろいろな面が異なっています。受験予定の方は,早めに申込を済ませましょう。私(瀬戸美月)は,申込は済ませましたが,少し残念なことがありました。

私の残念な体験

今回私は,久しぶりにデータベーススペシャリスト試験を申し込もうと思っていました。試験申込画面でデータベーススペシャリストを選択し,午前I免除の申請に2年前(平成31年春期)のエンベデッドシステムスペシャリスト試験の合格証書番号を入力し,クレジットカード入力まで進んで,「申込み」ボタンを押しました。

。。。しばらくすると,「合格証書番号または生年月日が一致しません」というエラーで最初の画面に戻されました。

2年前の合格証書だし,1回中止になったから,平成31年春期からで問題ないって書いてあったはず。。。と思って,よくよく見ると,試験案内書には午前I免除対象者について,こう書いてありました。

(2) 免除申請対象者
次の①~④のいずれかに該当する者
① 令和2年度春期試験の受験申込み時に、平成31年度春期試験における合格証書番号を利用して、高度試験又は支援士試験の一部免除を申請した者
② 令和元年度秋期、令和2年度10月、令和3年度春期試験の AP、高度試験、支援士試験の合格者
③ 令和2年度春期試験の受験申込み時に、平成31年度春期試験における午前I通過者番号を利用して、高度試験又は支援士試験の一部免除を申請した者
④ 令和元年度秋期、令和2年度10月、令和3年度春期試験の高度試験、支援士試験の午前Ⅰ通過者

令和3年度秋期試験案内書(PDF形式) 10〜11頁より

どうも,平成31年度春期試験における合格証書番号は,令和2年度春期試験のときに利用して申請していないと,使えないようです。
私は令和2年度春期は申し込んでいたのですが,初回の基本情報技術者試験のPythonが気になって基本情報技術者試験で申し込んだので,合格証書番号は利用していません。(あと,令和3年春期は,和歌山〜大阪方面で新型コロナウイルス感染がかなり広がっている時期でしたので,申込みはしていたのですが欠席しました)

ということで,受験しない日々が続くうちに,残念ながら午前I免除がなくなってしまいました。
午前Iからデータベーススペシャリスト試験を受験するのは体力的に大変なので,今回は応用情報技術者試験にして,次回以降に備えます。

申込受付期間

令和3年度秋期 情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援試験は、10月第2日曜日(10月10日)に実施することを予定しています。』にありますとおり,令和3年度秋期試験のインターネット申込受付期間は,令和3年7月27日(火)~ 8月6日(金)18時です。受付期間は10日間のみで,また最終日は18時,夕方6時までです。例年よりだいぶん短めですので,受験申込をする予定の方は急いでください。
また,個人申込のみで,団体申込はなくなりました。今まで会社や学校で申込をされていた方は,自分で申し込みする必要がありますのでご注意ください。

その他の変更点

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の受験手数料が改定されました。そのため,今回から受験料は7,500円です。
試験日も,従来の10月第3日曜日から変更されて,令和3年10月10日(日)の開催となっています。1週間早くなっていますので,予定を立てるときに注意が必要です。

いろんなことが変わっていて,例年通りにやってるつもりがなかなかできなくなってきています。
きちんと最新の情報をチェックして,必要なことを進めていきましょう。