今日,来年春向け情報セキュリティスペシャリスト試験対策の企業研修で使う予定の参考書が,政治的な理由で変えられそうになって,全力で抵抗してしまった美月です。
変な参考書を使わされると,補足資料もいっぱい用意する必要が出てくるので,教える側も大変なのです。
もちろん,勉強する受験生のためにもならないと思います。

情報セキュリティスペシャリスト試験対策の参考書や問題集は,内容が不正確な地雷本も結構ありますし,何より「合格するためのテクニック」だけ満載で,肝心の情報セキュリティについての記述が少ないものが多すぎます。
ちゃんとセキュリティ技術について学ぶ,という観点だと,参考書の中でいいのは「情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト 2014年版」ぐらいだと思います。ページ数が多いですし難しめですが,今年からはKindle版もありますし,じっくり読み込んでいくといいと思います。

あと,過去問集の新発売が,この区分で相次いでいますね。
2年前ぐらい前には,「まともな過去問集はアイテックの本試験問題集ぐらいしかない」って考えていた気がするのですが,ここ2年で結構増えています。

今日知ったのですが,新たに「3週間完全マスター 情報セキュリティスペシャリスト 午後問題集 2014年版」という本が,発売されていました。
なぜかヨドバシAkibaの有隣堂では見当たらず,書泉ブックタワーまで行ったのですが,他の3週間マスターとはちょっと違う,黄色(茶色?)の本です。

内容は,ほとんどが結構しっかりした解説の過去問集です。
例によって3週間でマスターできるわけがない大量の内容ですが,平成22年秋~平成25年春までの午後問題がしっかり解説されています。
平成25年秋と平成26年春はWebで公開されるそうですし,午後のみの過去問演習をしっかりやりたい方は,持っていても損はないと思います。
この本プラス「情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト 過去問題集 2013~2014年版」で,解説の違いを確認しながら学ぶというのもおすすめです。こちらも,平成25年秋試験の解答解説はWeb上で公開予定とのことです。

これに,多分12月頃に発売される「徹底解説情報セキュリティスペシャリスト本試験問題〈2013秋〉 」(前期版)を合わせて,過去問演習のための問題集は,かなり充実してきた感じですね。

特に,ここ1~2年の情報セキュリティスペシャリスト試験の問題は,技術的に深くなってきている傾向がありますので,上記3冊のような,セキュリティ技術に強い方々が書かれた問題集は,学べる内容が多くていいと思います。
過去問演習は,単に「過去問の解き方を学ぶ」というだけでなく,「過去問演習を通じて,新しい技術の考え方を学ぶ」という側面もありますので,その点からも選んでみるのがおすすめです。

じっくり勉強していけば,今からなら十分,実力をつけつつ合格できます。
せっかくセキュリティについて学ぶなら,試験勉強に特化して変なテクニックを覚えるよりも,現場でも使えるセキュリティ技術をしっかり身につけていきましょう。